2018年度光学論文賞 受賞候補者募集のお知らせ

一般社団法人日本光学会では光学の分野における優秀論文の著者に対し、下記の通り光学論文賞を贈っています。
光学論文賞は1960年に創設され、光学奨励賞とともに日本光学会の活動を示す重要な指標の役目を果たしております。
光学論文賞は公募に応じた自薦、他薦の候補者から選考されます。奮ってご推薦ください。

受賞対象者

原則として表彰年度(2018年)の4月1日において満40歳未満の日本光学会会員であり、2017年1月から2017年12月までに発行された学術刊行物に発表された光学に関する原著論文の第1著者。 詳細は光学論文賞規程をご覧ください。

提出書類

候補者の氏名、会員番号、生年月日、満年齢(公募締切日における)、勤務先、勤務先所在地、自宅住所、連絡先、電子メールアドレス、候補論文(1編)および関連論文名のリスト、推薦理由(自薦他薦を問わず、論文の特徴、優れた点などを1,000字以内でわかりやすく記す)、候補論文1部、関連論文2編以内で各1部。
他薦の場合は推薦者の氏名、勤務先、勤務先所在地、連絡先、電子メールアドレス。書類はE-mail でご応募ください。
PDF形式ファイルまたはMicrosoft Word書式ファイルにて、すべてメールに添付してご送付いただいて結構です。
メールのサイズが大きくなる場合には、2 MB を目安に適宜分割してください。
なお、E-mailでのご送付が困難な場合に限り、郵送でも受け付けます。その際、提出書類を保存したCD-ROMを同封してください。

書類提出期限

2018年7月31日(火) 必着

提出先

担当理事 志村 努
〒153-8505 東京都目黒区駒場4-6-1 東京大学生産技術研究所
電話 03-5452-6137 Fax 03-5452-6140
E-mail osj_ronbun(at)myosj.or.jp